ドローン空撮事業サポート企業の空撮に立ち会いしました!

2ヶ月前からドローン空撮事業を新規で立ち上げられた企業様で当方でサポート業務をさせていただいているD社様が、昨日受注案件をドローン空撮することになり、現場でのアドバイス及びプレビュー映像のチェックをさせていただきました。 このD社様は、本業は全く別の業態ですが本業の方もとても順調で、さらに新しい事業展開をとの事で、数ヶ月前にドローン空撮事業に参入することを決定されました。しかしながら今まで社長様が趣味としてPhantom3を飛ばしている状態で、仕事としてドローン空撮をするという事は全く初めての状態でした。 まず、機体を揃えフライト練習するところから始まりました。 Phantom3 Phantom4 Inspire1 Pro を揃えてフライト練習からはじまりました。 とにかく社長様がとても情熱的で社員の方々をぐいぐい引っ張っていくタイプで、率先してドローン練習のスケジュールを組まれて実行されている姿を見るとこちらまで嬉しくなりました。 もちろん、社長様だけがやっているのではなく、社員の皆様も役割や担当を決めて頂き、映像編集も今までやった事が無いという状況でレクチャーが始まりました。まずは業務用ドローン空撮のメインフォーマットである4K素材を編集できるパソコンの環境作りから始めました。 パソコンはMac環境になりました。 MacProのハイエンド機に64GBメモリーを実装し ストレージにRAIDも組みました。4Kモニターも導入してドローンカメラで撮影した4K素材映像をスイスイ編集できる環境をとりあえず作りました。 7月下旬からドローン空撮編集講座がスタートし、社長様とご担当社員が参加され熱心に動画編集の基礎を勉強していただきました。 とにかく今まで一度も本格的にパソコンで映像編集をした事がないというところからのスタートですので、教える方もそうですが習う方も本当に大変だったと思います。 しかし、私がレクチャーを終えて帰った後も明け方3時頃まで習った事を復習されている社長様や社員の方々の熱意はとても凄いなと感じましたし、基礎的な映像編集の方も見る見る上達していきました。 もちろん映像編集はそう簡単な事ではないし、奥も深いしセンスも求められるのでいきなり本格的な映像のプロには到達できる訳ではないのですが、日々YouTubeに上がる様々なドローン空撮映像を見ながら勉強もされています。 そんな中、社長のご友人からの依頼でドローン空撮の話がでてきました。とりあえず撮ってみようということになったのですが、なんと被写体は海を走るクルーザーということでした。海上というリスクも考えて社長様自らがクルーザーに乗り込みPhantom3で空撮するという事になりました。 船内はOSMOで撮影することになりOSMOの揺れ防止ダンパーも購入してもらいました。 空撮は何度もテイクし膨大な映像素材の山となりましたが、それは熱意の現れだと思います。終日熱心にドローン空撮され船内は別日にOSMOで撮影しました。 その時の映像が下記の映像ですが、ドローン空撮と映像編集を始めて1ヶ月という間もない状態でも必死に頑張ればここまで出来るというお手本だと私は思います。   まだやりだして2ヶ月くらいでこれぐらいできれば上出来だと思うし、極力編集も皆さんの自主性に任せて余程おかしいところ以外はあえて細かな指摘はしていません。でもこのクルーザーがどんな船なのかはとてもよくわかる映像だと思いませんか?初めての映像編集でここまでできれば良いと思いますね。 そして、昨日は初めてドローン空撮を営業された先からの受注でのフライトとなりました。季節柄台風が近ずいている事もあり急遽撮影日を前倒ししてドローン空撮することになりました。 空撮先は岡山県護国神社です。 ドローン空撮マスター 先日来、社長と社員の方々が炎天下の中熱心に営業されてドローン空撮の仕事を受注されました。初めて業務用ドローンInspire1 Proでの空撮を行う機会になりました。 私は社長様からの要請で空撮サポートと撮影素材のプレビューチェックを依頼され現場に向かいました。

しかし、現場はいきなりハードルの高い空撮でした。イメージ的に鳥居をくぐるという映像が要るということになり最初OSMOで撮ってみたんですが今一つスピード感がないので鳥居の間をInspire1Proで飛びながら空撮ということにしました。第一鳥居から参道を進み石の階段で少し上がり、第二鳥居を超えまだ参道を進み本殿に達するという映像をワンカットで撮影することになりました。
ドローン空撮マスター
 
これはとても難易度の高いフライトです。
途中ドローンの挙動がおかしくならないように人が小走りするぐらいのスピードを一定に保ち、鳥居を2ヶ所くぐり抜けるのですが、最初の方は参道の両サイドにはよく茂った樹木が続き枝が張り出しています。これに少しでもプロペラが接触しようものならバランスを崩して落下することになります。
 
アドバイスする方も本当に緊張しました。
 
何度かテイクを行い、何とか3度目で良い感じが撮れました。撮影中宮司さんや関係者の方が立ち会いされたのですが、モニター画面をご覧になり感動されていました。今まで見たことのないアングルからの4K動画のクオリティーと参道を滑るように進む映像は見応えがあったんだと思います。上空からの境内は岡山市内とは思えない厳かな森林の中にあり、とても神秘的な映像でした。
 
今後、編集作業を経て、岡山県護国神社様のホームページに掲載されることになると思います。さてどんな空撮映像のプロモーションになるでしょう。 今から仕上がりがとても楽しみです。只今、ドローンマスター岡山ではこういったドローン空撮やドローンオペレート事業に新規参入される企業や個人事業者に向けてドローン講習や映像編集講座を行っています。今回のD社様のように新規事業として取り組まれる際は是非一声かけて頂ければと思います。
引き続きドローンマスター岡山を宜しくお願い致します。